米国で最も使われている投資タイミング

今日はアメリカでとても有名な個人でもできる投資手法を紹介します。

これは株で主に使われていますが、仮想通貨やFXでも十分活用できる方法です。

アメリカでは個人で資産運用をしている方々がほとんどなのですがこの手法は長期投資にとても向いており、1週間以上銘柄を持って置ける方ならとても有効な手法です。

「Cup with handle」という手法です。

どういう意味かというと、「持ち手付きコップ」チャートの形がこの形になったら上昇のサインということです。何個か画像を取ってきました。

チャートを見た時に一度は大きく落ちます。その後一回下落した元の水準まで戻った後ちょっとだけ反発、この後は上がりやすいというルールです。図を見たほうがわかりやすいですかね。だいたい2倍くらいは上昇することが多いようです。

「なるほどこの形をしたら上がるのか!」でもどうやって探したらいいの?という方にとても便利な機能をご紹介。

SBI証券が無料で提供しているツールでチャート形状検索というのがあります。つまり大きくリバウンドしている形のもので検索を書けたらいいってことですね。

だいたい大きなカップが1~4か月、小さい取っての部分が数週間という時間軸で見て下さい。

とはいえわからないよという方のために次回は「いろいろなチャートの形の探し方セミナー」を開催します。

チャートの形でどうやって投資をしたらいいのか?どうやって見極めたらいいのか。

そんな疑問にお答えして、探し方を教えます。もしよければSBIの口座を開設してお待ちください。もちろん今日の「カップトレード」すぐにやってみたいので教えて!という方はご相談ください。FXでの応用の仕方も教えます。

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
PAGE TOP