ダイバージェンスの使い方

本日は久しぶりにFX(もちろん株でも使えます)の手法について話したいと思います。結構最近これを見ていて使い勝手が良いのですが、
以前RSIというインジケーターのダイバージェンスという手法を紹介しました。ダイバージェンスとは価格とRSIが逆に動いているケースですね。

価格は伸びていっているがダイバージェンスが水平だったり、逆を向いているときなどは反転のタイミングの可能性が大きいです。
特に長期トレンドの押し目買いなんかにも使えると思います。

最近であればドル円、ユーロドルでわかりやすいダイバージェンスが起こったのでご紹介します。
そして今回お伝えする手法はこのダイバージェンスに似たものなのですが「RSIのトレンドライン」という考え方です。

通常トレードする時に価格をみてトレードされると思います。「価格がサポートラインにヒットしたから買う」などのことをやられているかもしれませんが、この手法ではダイバージェンスが出たRSIにトレンドラインをひき、そこで買ってみるというものです。

1回2回でラインが引けたあとに、3回目のタッチで買うのが経験則的にベストです。
もちろんダイバージェンスが出ている前提です。そして1時間足以上を使ってみてください。

「RSIにひくトレンドライン」という手法。ぜひ使ってみてくださいね

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
PAGE TOP