相場を読むインジケーター

将来の価格を予測するためにトレーダーのみなさんはいろいろな道具を使います。その中でも有名なものを今日は紹介しようと思います。

MACDというものですね。

そもそもこういった道具のことをインジケーターといいます。

有名なインジケーターであるMACDはMoving Average Convergence Divergenceという難しい単語の略です。英語がわかればそのまんまの名前だなってわかるんですけどね。

これは1970年代にGerald Appelという方によって開発されたもので相場が一方向に伸びるトレンドを見極めるための道具です。

短期と長期の価格の移動平均線からMACD線というのを表示させています。このMACD線自体の移動平均線にシグナル線というのを使ってこの二つの線の関係性から相場が上にいくのか下に行くのかを予想するのです。

難しいことはさておき、とりあえずこの道具を使うために覚えておくべきことを開設しますね。相場が落ち着いて上がり始めるとMACD線がシグナル線を下から上に尽きぬける現象が起きます。

これをゴールデンクロスと言って相場が上に行く合図として有名です。一方この逆が起きれば下がっていくとみて多くの方が売りから入ったりします。

インジケーターが上を示しているから絶対上だ!なんてことはありません。外れるときのことを「だまし」といったりします。

なので、あくまでそのようになる一つの参考指標に使わなければ痛い目を見ます。

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
PAGE TOP