投資を考えるときに聞く質問集

いつもありがとうございます。

今日は金融商品の裏側を話したいと思います。みなさんは金融の方々がどうやって収益を上げていると思いますか?そのほとんどが手数料です。

手数料をいかにとるかが金融マンのポイントなのです。ということはあからさまに手数料を表にだして宣伝したり、紹介したりするでしょうか?

そのほとんどは小さく書いてあります。

man and woman sitting on swimming pool during daytime

元本保証だったり、元本保全だったり、絶対儲かるだったりいろいろなことを書いていますが、本当のルールは小さく端っこに書いてあります。

違法かというとそうではありません。

だって渡した説明書にはしっかり書いてあるしおそらく商品を売ったときに説明も義務ですのでしてあります。

この手数料のマジックに騙されてしまうといくら利率がいい商品でも結局損というケースが多いのです。そして保険の積立営業マンなんかで多いですが、比べる対象を0と比較する人です

運用をする場合比べる対象は本当に0でいいのでしょうか?1円でもプラスだったら儲かったといえるでしょうか?

もしあなたがトレーダーだとして年利5%の利益が出せたとしましょう。

でもほかの会社だったり一般企業の株がその年平均して10%上昇している年だったらどうですか?あなたは本当に優秀なトレーダーでしょうか?逆の立場だとしてその人に運用を頼みたいでしょうか?

普通に適当に市場の平均を買っていれば10%もらったのにその人に預けたら5%なわけですからそのトレーダーに頼まないですよね。

これと同じで投資をするときに比べる対象は0ではなく市場のインデックスです。

日経平均でもいいし、ダウでもS&Pでもいいと思います。それ以上の結果を出してもらわないことには預ける意味がないわけです。

ちなみに今年の年初来だいたいS&P500は30%近く、円安効果と合わせると上がっています。果たしてそれを超える投資商品見つけましたか?しかも人に運用をあずけるということは手数料を取られます。5%かと思いきや年間1%~2%の預かり料金といって取られると結局5%ももらえないわけです。

そして運用会社はその手数料で食べていっているわけですからね。意外かと思いますが年利8%でも手数料を10%とるから合計するとマイナスじゃんなんて怪しい投資商品ザラにあります。

Man, Computer, Stock Trading, Finance, Day Trading

なんだったらそういう商品は正規で販売できないので仮想通貨を経由して販売していたりします。

まったく金融知識のない方はまず

「手数料はいくらですか?」

「市場平均には勝てていますか?」

「送金は銀行送金できますか?」

と聞いてみましょう。どれか一つでも異常な回答が出てきたらその投資見送ることをお勧めします。

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
PAGE TOP