不動産

今日は日経新聞にも出ていた注目市場(株)について話します。

以前コロナ明けを予想してJALやANAが復活しだすと書きました。その後一時的に下落したもののまた戻してきているので長期的に見れば問題ないと思います。さて、今日ご紹介するのは不動産です。不動産って数千万円ないとそもそも投資に参加できないと思われる方も多いかもしれませんが、REIT指数というので投資ができます。これは不動産投資信託のことです。

みなさんが日ごろ目にする投資信託も株をいくつか集めたバスケットです。一つの株に投資するよりはそのグループに投資するといったイメージです。
REITはこれの不動産バージョンで、単体の不動産に投資するよりはいくつかのグループに少額で投資できるようになっています。(銘柄を調べたら証券会社で買えます。)

さてこのREITの中でもホテル、オフィス物件で運用する商品が上昇していて1年1か月振りの高値です。コロナワクチン接種への期待で上がってきているんですね。さらに不動産はインフレに強い資産として有名です。インフレとはお金の価値が下がってモノの価値があがることでしたよね。

不動産を借りる時に現金一括購入という人は少ないと思います。お金を借りて不動産を買うはずです。不動産もモノです。なのでインフレの時にはモノである不動産の価値は上がりやすく、お金の価値が目減りするので借金が減るので不動産投資が有利になります。

特にアメリカでは今ものすごい勢いでインフレ率が上がってきています。
日本の証券会社で投資できる中でおすすめなのは

Iシェアーズ・コアJリート ETF(1476)
これは日本の不動産市場全体に投資できる便利な商品ですね。

Iシェアーズ・米国リートETF(1659)
これはアメリカの不動産市場に投資できる商品です。

どちらも日本の証券会社で買えるのでとても便利です。
2000円くらいから投資ができます

いま日本とアメリカをあげましたが、ほかにも新興国リートやいろいろな種類のリートがあります。
日本は復活が早かったですが、他の国も順次不動産市場が復活してくることを考えたら投資をしてみるのもありですねネットで「リート」と検索していただくと商品が大量に出てくるのでぜひ一度調べてみてください。

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
PAGE TOP