ビットコインが法定通貨になる国がどうなるか

今日はちょっとした雑談です。

このラインのみなさんはビットコインに投資している人も多く、「ビットコインあがれー」って思っている人も多いでしょう。

仮にビットコインが日本で法定通貨として使われたら嬉しいですか?

実は今年の9月からビットコインを法定通貨にする国があります。

中米エルサルバドルという国の大統領はビットコインをこの国の法定通貨にすることを6月5日に発表しました。

さてこの国でなにが起こっているのか…実はこの国ドルを主要通貨として用いている国なのですが政府の借金が膨らんでドルが足りない状態になりました。

そこで国はアメリカの電子決済会社ストライクと組んでビットコインを法定通貨にする法案を可決したのです。

実はこのエルサルバトル、4人に一人がアメリカに出稼ぎに出ており本国の家族に仕送りをしているのです。

その額合計56億ドル。

この仕送りを法定通貨であるビットコインでしか送金できないようにすると、出稼ぎに出た人たちはアメリカでこのストライクというアプリを使ってドルからビットコインに換えます。

そしてビットコインで本国に送金したあと、その通貨でやりとりをする予定なのですが、もちろんそんなに発展している都市ではなく、街の八百屋や肉屋など農家がすぐにビットコインに対応できるわけありません。

結局ドルを吸い上げたこのストライクは横流しでドルを政府に渡します。そして政府はこのドルを使って借金を返す作戦です。
街で使えない通貨を貰った国民はドルに変えることもできずさまようわけです。

どうでしょう。考えただけで怖いですよね。

自分の国の通貨がない国がどんだけその生活おを維持するのかが大変かがわかります。

ちなみにアルゼンチンは国の通貨の信用がなくなり、破綻しました。そこで信用が出てきたのがビットコインのはじまりです。

円という通貨を持つ我々は幸せですね。

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

主要株価

GOOGLE

LINE証券
グローバル・リンク・マネジメント 不動産投資セミナー集客

Twitter

1993年から
「引け(15時)で買って、翌寄り付き(9時)で売る戦略は1100%の成績。一方
「寄り付きで買って、引けで売るのは」未だマイナス。
単純で誰でもできる戦略だがそれだけでこんなに差が出るの面白い

Steve Burns@SJosephBurns

The "buy the close, sell the open" strategy is now up nearly 1100% since 1993, while the "buy the open, sell the close" strategy" is still negative. via @bespokeinvest $SPY

海外では個人投資家がついに投げ売ってるようです。長期投資の方々まだ生きてますか?
「本屋の棚から投資本が消えた時が本当の買い場だ」
と昔お世話になった先輩がいうておりました。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-23/RDXLOIT0AFB601

Load More...

プロフィール

こくチーズプロフィール

・幼少期よりヨーロッパ、アジアを中心に海外を周る。


・京都大学で建築のデザインを学び、図面制作事業(現Architech株式会社)を設立。


・首席で卒業後ゴールドマンサックス証券の当時最先端であるアジア株アルゴトレーダーとして勤務。1日に数100億円もの取引をさばく。


・2020年に独立後、株、為替、不動産、太陽光、マイニング、海外信託、ヘッジファンドなど様々な投資を行いながら法人向け運用&節税、個人向け資産形成&資産運用コンサルティング業を行う。


・関西と関東で教育の先生としても活躍。


・海外の金融の世界を見てきたならではの情報と分析をたまにブログに投稿している。

TOP
PAGE TOP