ビットコインが法定通貨になる国がどうなるか

今日はちょっとした雑談です。

このラインのみなさんはビットコインに投資している人も多く、「ビットコインあがれー」って思っている人も多いでしょう。

仮にビットコインが日本で法定通貨として使われたら嬉しいですか?

実は今年の9月からビットコインを法定通貨にする国があります。

中米エルサルバドルという国の大統領はビットコインをこの国の法定通貨にすることを6月5日に発表しました。

さてこの国でなにが起こっているのか…実はこの国ドルを主要通貨として用いている国なのですが政府の借金が膨らんでドルが足りない状態になりました。

そこで国はアメリカの電子決済会社ストライクと組んでビットコインを法定通貨にする法案を可決したのです。

実はこのエルサルバトル、4人に一人がアメリカに出稼ぎに出ており本国の家族に仕送りをしているのです。

その額合計56億ドル。

この仕送りを法定通貨であるビットコインでしか送金できないようにすると、出稼ぎに出た人たちはアメリカでこのストライクというアプリを使ってドルからビットコインに換えます。

そしてビットコインで本国に送金したあと、その通貨でやりとりをする予定なのですが、もちろんそんなに発展している都市ではなく、街の八百屋や肉屋など農家がすぐにビットコインに対応できるわけありません。

結局ドルを吸い上げたこのストライクは横流しでドルを政府に渡します。そして政府はこのドルを使って借金を返す作戦です。
街で使えない通貨を貰った国民はドルに変えることもできずさまようわけです。

どうでしょう。考えただけで怖いですよね。

自分の国の通貨がない国がどんだけその生活おを維持するのかが大変かがわかります。

ちなみにアルゼンチンは国の通貨の信用がなくなり、破綻しました。そこで信用が出てきたのがビットコインのはじまりです。

円という通貨を持つ我々は幸せですね。

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
PAGE TOP