プロがよくみる指標「空売り残高」

いつもありがとうございます。

今日は投資家も常日頃注目している空売り残高という言葉について話したいと思います。

空売りとは簡単に言えば人から株を借りて売ることです。

株が大きく下がりそうだなと思ったときに、儲けられたらいいですよね。

では人から借りてそれを売って、下がった後に買い戻そうというのが空売りの仕組みです。

証券会社で株を借りられるのでだいたいの場合が借りて売ってをします。こういった取引を信用取引といいます。

そして、その銘柄が信用取引でどれくらい空売りされているのかを見るのに空売り残高という指標を見れるのです。信用取引には空売りと信用かい残といって人からお金を借りて買っている人の数もわかります。

では信用売り残が多いとはどういうことなのか、要は人から株を借りて売っている人が多いということは借りているわけですからいつか買い戻さないといけないわけです。

それは将来的には買い注文が多く入ることになりますよね。

なので信用売り残が多いと将来の株価上昇につながるといわれています。

信用売りという言葉と、それが将来の株価上昇につながるんだなというイメージが描ければ今回は大丈夫です!

ぜひ自分のお好みの銘柄の空売り残高が平均水準より高いのか低いのかチェックしてみてください。

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
PAGE TOP