日本の投資信託の落とし穴

いつもありがとうございます。

今日は日本の投資信託の落とし穴について解説します。

海外の投資信託と違って日本の投資信託には大きな落とし穴があることをご存じでしょうか。これを知っていると知らないとでは大きく損する可能性があるのでぜひとも理解しておいてくださいね。

投資信託とは投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめて、運用の専門家が株式や債券、その他さまざまな商品に投資・運用する商品です。日本には合計約120兆円、ファンド数は6000本あるといわれています。

投資信託には上場型と非上場型の二種類が存在します。上場投資信託はETFと言われてみなさんが普通に市場で買えます。一方非上場型は対面形式で証券会社に相談に行けば買えるものです。こちらは手数料がとても高く毎月分配型という投信が全体の20%を占めています。

株や投資信託で運用しているときにまだ決済していないけど出ている利益のことを含み益、評価益といいます。実は世界的に見て、日本だけがこの評価益から分配金が出せるのです。

「なにがおかしいの?」となったでしょうか?だって、利益が確定していないのに分配金を出しちゃっているということです。普通だったら利益が確定したうえでその分配を出してくれるならわかりますが、それが決まってないのに出してしまうというのは分配金がよいですよ~と取り繕って自転車操業をしていることと変わらないですよね。

毎月分配金がもらえる!と何も知らない人だとうっかり乗ってしまいそうですがしっかり商品をみないと知らず知らずの間に元本を削られてしまっていたりします。

こういうルールをしっかりわかったうえで商品を選んでみてくださいね。

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

主要株価

GOOGLE

グローバル・リンク・マネジメント 不動産投資セミナー集客

Twitter

1993年から
「引け(15時)で買って、翌寄り付き(9時)で売る戦略は1100%の成績。一方
「寄り付きで買って、引けで売るのは」未だマイナス。
単純で誰でもできる戦略だがそれだけでこんなに差が出るの面白い

Steve Burns@SJosephBurns

The "buy the close, sell the open" strategy is now up nearly 1100% since 1993, while the "buy the open, sell the close" strategy" is still negative. via @bespokeinvest $SPY

海外では個人投資家がついに投げ売ってるようです。長期投資の方々まだ生きてますか?
「本屋の棚から投資本が消えた時が本当の買い場だ」
と昔お世話になった先輩がいうておりました。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-23/RDXLOIT0AFB601

Load More...

プロフィール

こくチーズプロフィール

・幼少期よりヨーロッパ、アジアを中心に海外を周る。


・京都大学で建築のデザインを学び、図面制作事業(現Architech株式会社)を設立。


・首席で卒業後ゴールドマンサックス証券の当時最先端であるアジア株アルゴトレーダーとして勤務。1日に数100億円もの取引をさばく。


・2020年に独立後、株、為替、不動産、太陽光、マイニング、海外信託、ヘッジファンドなど様々な投資を行いながら法人向け運用&節税、個人向け資産形成&資産運用コンサルティング業を行う。


・関西と関東で教育の先生としても活躍。


・海外の金融の世界を見てきたならではの情報と分析をたまにブログに投稿している。

TOP
PAGE TOP