プロが読んでいるレポートをまとめてみました

金融のプロはどういったところから情報を集めているの?

各種有名な運用会社が出しているレポートは誰でも見ることができるよ

ホーメイ
ホーメイ

機関投資家という分類

機関投資家という言葉をきいたことがあると思います。

投資のプロの人たちですね。

厳密には顧客から拠出された資金を運用・管理する法人投資家の総称のことを言います。

さて彼らは証券会社に口座を開きトレードします。

トレードする売買額に相当する手数料を証券会社は抜くわけですけれどももちろん各証券会社様々なサービスを付け足しています。

一番多いのが相場レポートですね。

ユキ
ユキ

いろいろな証券会社が取引以外にサービスを付け足しているのね

運用会社や証券会社が出すレポート

株式調査部というのが証券会社にはあり、そこが作った各業種や業界、銘柄のレポートを顧客に配ったりもします。

基本的に詳しいレポートなんかはその証券会社に口座を開けている会社のみ閲覧できます。

が、ざっくりした世界の市況だったりのレポートは意外にも無料で見れたりします。

一方、だいたい有名な証券会社にはセットで運用会社もついています。

正確に言えばグループ会社の中に別会社として運用会社をもっているということです。

たとえばゴールドマンサックス証券はゴールドマンサックスアセットマネジメントという別会社で運用会社を持っています。モルガンスタンレーもJPモルガンも運用会社があります。

その運用会社のお客さんは個人や事業法人だったりします。

よくリサーチアナリストとの投資家セミナーも行っているよ

ホーメイ
ホーメイ

プロ向けのレポートは公開されている!?

なるべく一般の方からお金を集めたいので結構こういった運用会社が書くレポートはふつうに公開されており、機関投資家、個人投資家と共に見ることが可能です。

ただ、内容がなかなか日本人にはわかりづらい難しいものになっています。

個人的なイメージでいうと日経新聞の10倍くらいの難しさと専門用語の多さです。

有名な金融の会社の名前を打って、Market OutlookだったりMarket Insightと検索すればいろいろサイトが出てきますがここでまとめようと思います。

ツイッターのスペースでも多くの方から質問がきましたがこういった世界の有名投資機関が発行しているレポートとリンクをまとめてみました。

中には無料会員登録しておけばメルマガが来たりもするわ

ゴールドマンサックスアセットマネジメント

業界ではGSAMと呼ばれています。世界31か所にオフィスがあり、合計2000人以上のプロフェッショナルが在籍しています。

資産額100兆円を超える銀行、保険機関、ファミリーオフィスなどにアドバイスを最近は広げていっています。

個人投資家や機関投資家向けに毎月マーケットレポートが出ており、たまにより詳しい業界のレポートも出ていたりします。

GSAMマーケットレポート

ちなみにゴールドマンサックス証券の方のリサーチチーム発行レポートを閲覧できるサイトも載せておきます。

結構マクロな情報が多いですね。(現役の時には毎週発行されるレポートを勉強のため読んでおりました)

グローバルインベストメントレポート

モルガンスタンレーインベストメントマネジメント

40年以上の歴史と140兆円を運用するニューヨークの会社です。

モルガンスタンレー証券という名前を聞いたことがある人は多いでしょう。

マーケットインサイト

一方こちらはモルガンスタンレー証券の方のリサーチレポートです。

リサーチレポート

JPモルガンアセットマネジメント

150年以上の歴史ある運用会社。

アメリカではこの名前を知らない人はいないでしょうね。

2021年の3月時点で運用資産額は240兆円でした。為替、オルタナティブ、株などマルチアセットに投資しているのが特徴です。

マーケットレポート(英語)

マーケットレポート(日本語)

JPモルガン証券のリサーチレポート

ピクテ投信

業界では知らない人はいないくらい歴史古い運用会社です。

スイスに拠点を置くプライベートバンクや金融サービスを提供している会社ですね。

世界中に4900人の社員がおり、運用資産額は6090億スイスフラン(約82兆円)になります。

投資家向けに書いてあるレポートはとても勉強になります。

超富裕層だけが顧客になれるイメージが強いですね。

マーケットレポート

ブラックロック

みなさんは投資信託でiシェアーズ〇〇なんて名前を聞いたことないでしょうか。

それ世界最大級の資産運用会社であるブラックロックグループが運用しています。

運用資産額は約1161兆円(2022年3月時点)圧倒的な運用資産額を誇っています。

マーケットインサイト

運用会社の中では最大手だね

ホーメイ
ホーメイ

ミレニアムマネジメント

1989年創業のオルタナティブ投資専門のグローバル運用会社です。

世界中に4000人のスタッフを抱え、運用資産額は520億ドル(6.7兆円)を超えています。

マーケットレポート

ユキ
ユキ

アルゴを使ったクオンツ取引でも有名ね

フィデリティ

こちらも投資信託で聞いたことある人が多いのではないでしょうか。

投資信託の賞でも何度も受賞しています。種類も多いので見るの大変ですが、、、。

運用資産額は約450兆円です。

投資信託で他にも見るであろうよく出てくる名前の会社でいうとバンガード社は運用資産額約720兆円チャールズシュワブは約814兆円です。

マーケットレポート

まとめ

いかがだったでしょうか。

本当はもっと紹介したいレポート発行会社もたくさんあるのですがちょっと多くなりすぎてしまうので割愛です。

日本に住んでいると意外と日本のニュースや新聞しか読まないですがたまには海外のニュースを見てみてプロの投資家が日頃から考えている情報を合わせて考えてみてはいかがでしょう。

毎週水曜日夜10時はツイッターのスペースでレポートの解説をしているよ

ホーメイ
ホーメイ

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

主要株価

GOOGLE

グローバル・リンク・マネジメント 不動産投資セミナー集客

Twitter

1993年から
「引け(15時)で買って、翌寄り付き(9時)で売る戦略は1100%の成績。一方
「寄り付きで買って、引けで売るのは」未だマイナス。
単純で誰でもできる戦略だがそれだけでこんなに差が出るの面白い

Steve Burns@SJosephBurns

The "buy the close, sell the open" strategy is now up nearly 1100% since 1993, while the "buy the open, sell the close" strategy" is still negative. via @bespokeinvest $SPY

海外では個人投資家がついに投げ売ってるようです。長期投資の方々まだ生きてますか?
「本屋の棚から投資本が消えた時が本当の買い場だ」
と昔お世話になった先輩がいうておりました。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-23/RDXLOIT0AFB601

Load More...

プロフィール

こくチーズプロフィール

・幼少期よりヨーロッパ、アジアを中心に海外を周る。


・京都大学で建築のデザインを学び、図面制作事業(現Architech株式会社)を設立。


・首席で卒業後ゴールドマンサックス証券の当時最先端であるアジア株アルゴトレーダーとして勤務。1日に数100億円もの取引をさばく。


・2020年に独立後、株、為替、不動産、太陽光、マイニング、海外信託、ヘッジファンドなど様々な投資を行いながら法人向け運用&節税、個人向け資産形成&資産運用コンサルティング業を行う。


・関西と関東で教育の先生としても活躍。


・海外の金融の世界を見てきたならではの情報と分析をたまにブログに投稿している。

TOP
PAGE TOP