FX,株の取引で使えるストラテジーの作り方

ホーメイ
ホーメイ

自分で考えたトレーディングストラテジーが使えるものなのか知りたい

今日はトレードの分析法、ストラテジーの分析方法を紹介するよ。

スティーブ
スティーブ

前書き

今日は株やFX、仮想通貨などなどトレードで手法を探している人のためのそのルールが本当に役立つものなのかという検証方法をご紹介したいと思います。

あくまで持論なのでもっといい検証方法があるという方はぜひ参考程度にご覧ください。

国内でも海外でもFXや株の手法って色々紹介されていますよね。それで稼いで生活している人も見たことがあります。

さてある手法を紹介されたもしくは自分で開発したときにその手法が稼げるものなのかどうなのかというのがわかったらいいと思いませんか?

逆にこれがわからないで続けることはかなりのリスクです。

そのトレードを続けて行って食えるようになるのか。

最後には海外のそういったトレードストラテジー紹介サイトもご紹介しますね。

まずはストラテジーを見つける

正直なんでもいいと思います。

世の中のトレードうまい人と下手な方の違いは主に資金管理です。淡々と続けていける人がいいのですがなかなか人間そうもいきません。

なのでトレード手法はなんでもいいと思います。

・MACDのゴールデンクロス

・RSIのダイバージェンス

・移動平均線のレジスタンスサポート

・ナンピンマーチン

安全なものから危ないものまでいろいろありますがまずは一つインジケーターを使ってみてそれで戦略を考えてみましょう。

海外のサイトの方がいろいろなストラテジーを見つけることができるよ

データをとる

はい、まずはその手法でトレードしたデータが必要です。デモトレード口座の申請をしましょう。デモとは仮想の資金を用いてシミュレーションを行うことです。まずはデモ資金100万円で設定してみて、その見つけたストラテジーでトレードを何回もしてみましょう。

そしてデータを記録していきます。

データと言っても何をどのようにまとめて言ったらいいのでしょうか。

エクセルで管理するととてもわかりやすいです。

必要な項目は以下の点

日付、銘柄、買いか売りか、ロット数、損益、元手に対する損益率

これくらいあれば十分です。

「元手に対する損益率」は(損益÷元手資金)をしてあげれば出てきますね。

これを一回作ってしまえばあとは打ち込んでいくだけです。

このデータをもとに100回は最低でもトレードしてください。

100個のデータを集めるということですね。むしろこれらのデータを取らずにいきなりお金を投げるのは非常に危険です。

FXでこのデータを取りたい方はメタトレーダーというソフトでトレードして後からエクセルを出せばこれらのデータがセットになって出てきますよ。

ホーメイ
ホーメイ

メタトレーダーは聞いたことあるね

勝率を算出する

さて100個のデータが集まったらそのデータを計算していきます。

まずは勝率です。勝率はどのように計算すればいいかわかりますよね。

損益の部分がプラスのトレード数を全体のトレード数で割り算すると勝率がでます。

新しく欄を作り、「勝ちの数」を数えます。=countif(損益の範囲を選択、”>0″)と打ってあげると損益の列で符号が正のものだけ数を数えてくれます。つまり「勝ち」の数ですね。

一方ただの=countで全体の範囲を選択するとトレード数10と数えることができます。

この勝ち数÷トレード数で勝率が出ますよね。

ホーメイ
ホーメイ

中学校の計算問題みたいだね

買ったときと負けた時の平均損益率を計算する。

次にプラスになった時の利益率を計算します。

その次に負けた時つまりマイナスのトレードの損失率を平均で出します。

エクセルで計算するときには先ほどのcountifのように今度はaverageif(計算する範囲、”>0″)と打ち込めプラスのもの、つまり勝ったトレードの損益率の平均を出してくれます。

負けた時の平均はその逆で同様に計算します。

エクセルで負けた時のトレードだけを選び出し、負けた時にどれくらい損失が出るのかがわかります。

さてここで3つの指標を手に入れました。

勝率、勝ったトレードの平均利益率、負けた時の平均損失率が出ました。

エクセルを使えるとかなり便利だよ

期待値を出す

もしこのトレードを100回繰り返したとしましょう。このデータから導き出されるのはどういう結果か、

勝率が60%なので60回は勝って、40回は負けるということです。

100万円でトレードした場合、買ったときには平均から4.4万円が得られます。

なので60回勝ったときの利益は…

4.4万円×60回=264万円となります。

一方負けた時には平均3.6万円が失われます。

よって3.6万円×40回=144万円です。

差し引き264万円ー144万円=120万円のプラスです。

よってこのトレードはこの通りのトレードを繰り返せば利益が出ることがわかります。

あとは100回トレードを1ヶ月でできるのか、3ヶ月でできるのかです。

仮に1ヶ月で100トレードをしてこの結果が出た場合、1ヶ月で100万円→220万円(+120%)になるはずです。

トレードを繰り返した場合の運用額
ホーメイ
ホーメイ

あとは作業と記録を繰り返すだけだね

大切な注意点

もちろん懸念点もあります。

この―144万円が均等に後に来るとはわかりません。最初の方にまとまって負ける可能性もあります。なので十分な資金を用意して始めましょう。

100万円でぎりぎりのトレードをしてしまっては早速マイナスになってしまいます。

大事なのは資金管理。

実際この方法でトレード手法を見つけた時にはぜひ十分な資金を持って最小限のリスクで挑んでくださいね。いきなり大金で始めてしまうと痛い目に遭います。

こちら自動で計算してくれるエクセルシートほしい方は問い合わせくださいね

あくまで理論計算上はという話であり、これで完全に行けるからと言って大金を入れるのはおすすめしないよ

スティーブ
スティーブ

おすすめのFX取引所

これらデータを取るのにおすすめのFX取引所を紹介しておきます。

まずこれらストラテジーを考えてデータを取ってトレードする方は基本的にトレードでお小遣い稼ぎや生計を立てたいという方が多いでしょう。

その場合にレバレッジが低い取引所ではなかなかお金も増えません。

トレード戦略が決まらず勘や雰囲気でトレードしてしまうとレバレッジというのは仇になりすぐに資金がなくなりますが、しっかりと計画が立てられる方であればレバレッジが高い海外取引所がおすすめです。

今回ご紹介するのがXMTradingという会社で上記で紹介したメタトレーダーが使える。データも自動でレポートを出せる。そして日本語サポートが充実しているのでデモ口座も使いやすい。

あとはこの戦略を実際にリアルなお金で資金を出すことなく始められます。

どういうことかというとよくキャンペーンなどでボーナス資金がもらえます。

ボーナス資金が3000円口座開設と同時にもらえるとなればいきなりお金を溶かしてしまっても問題ありません。

レバレッジは最大888倍です。

もちろん小さくトレードすることもできるのでその辺の柔軟性もおすすめの一つですね。

ロット数を調節してみてください。

ぜひオリジナルトレードで計算してみてくださいね。

いろいろ書きましたが私も実際に自分でやってみて、取引所も使ってみて、いいなと思ったものです。何か質問ございましたらなんなりと申し付けください。

Follow me!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

主要株価

GOOGLE

グローバル・リンク・マネジメント 不動産投資セミナー集客

Twitter

Load More...

プロフィール

こくチーズプロフィール

・幼少期よりヨーロッパ、アジアを中心に海外を周る。


・京都大学で建築のデザインを学び、図面制作事業(現Architech株式会社)を設立。


・首席で卒業後ゴールドマンサックス証券の当時最先端であるアジア株アルゴトレーダーとして勤務。1日に数100億円もの取引をさばく。


・2020年に独立後、株、為替、不動産、太陽光、マイニング、海外信託、ヘッジファンドなど様々な投資を行いながら法人向け運用&節税、個人向け資産形成&資産運用コンサルティング業を行う。


・関西と関東で教育の先生としても活躍。


・海外の金融の世界を見てきたならではの情報と分析をたまにブログに投稿している。

TOP
PAGE TOP